ITエンジニアの転職で知っておきたいこと

WEB業界やIT業界で生き残りを考える際に、誰もが一度は思い浮かべるのが転職ではないだろうか。特に若いITエンジニアが初めて転職を考える場合、押さえておきたいポイントがいくつかある。

転職の年齢としては、仕事が選択しやすいという点に関して言えば、具体的には28歳前後が挙げられ、エンジニアとしての経験が5年程度の方が該当する。あまり若いと経験的に不安に思われる傾向があり、スキルが不足していると判断されることもある。また、30歳以上になると、年齢的に見て妥当なスキルや経験がないとキャリアを積んで行くために職を変えるのは難しくなるかもしれない。そのため、これまで行ってきた開発の経験や自分の強みについて、より具体的に事例を提示してアピールする表現力も必要になる。

書類審査の段階では自分の強みを的確に理解した上で、業務に活かすことができる経験や技術について、具体的な表現でいかに明確に企業側に伝えることができるかが問われることになる。旬と言われる技術の領域に自信のある経験があるなら、そうした点を存分にアピールすることが大切である。

現段階ではすぐに職を変えることを考えていない方でも、将来的にキャリアアップを考えている方は、知識や技術の深さだけではなく、自分が作成したソースなど他人に見せられるアウトプットを持つことも必要だ。ステップアップを目指す場合には英語もプラスになる。

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>