転職に向いているITエンジニアのタイプ

ITエンジニアと一口に言っても、ハードウェアとソフトウェアの双方を合わせれば対象となるスキルの幅も広いため、転職に際しても市場におけるニーズの多いエンジニアもいれば、ニーズの少ないエンジニアもいる。

例えば得意分野の範囲が狭い代わりに深いところまで知識を持っている場合、たとえそれがマイナーな技術であっても交代のきかないエンジニアといえるため、企業側のニーズと合致すれば即戦力として採用される可能性は高い。逆に広く浅い知識を持つエンジニアであれば、即戦力の技術屋として求められる可能性は低いが、マネジメントの経験さえあればリーダー職として採用される可能性は高い。何故ならリーダーに必要なのは技術知識の深い部分ではなく、技術屋の集団としてのチームを有機的に動かすことのできるマネジメント能力であり、さらには該当する技術分野を全体的に見渡すことのできる広い知識が必須だからである。

一方、ニーズが少ないのは流行から外れた技術分野に特化した専門職エンジニアである。特にネットワーク関連では技術の移り変わるスピードが速く、古い技術はあっというまに廃れてしまうため、いつまでも同じプログラム言語だけを追いかけているようなネットワーク系のエンジニアは、企業側からしても魅力が少ない。対象となるのがハードウェアであってもソフトウェアであっても、常に新しい技術を追いかける革新性がなければ、転職は覚束ないのである。成功するには、ITエンジニアの転職傾向を探りつつ勉強を続ける、たゆまぬ努力が必要不可欠だ。

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>